【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

SKATEBOARD

普段は見ることの出来ないアーバンスポーツプレイヤーたちのこだわりのアイテム
セットアップを覗き見。
プレイヤー本人から一つ一つ細かくアイテムのこだわりを解説!

Jul. 20, 2021

SHARE

  • line
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

PLAY MOVIE

PROFILE

01

SKATEBOARD 【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

玉野 辰磨/タツマックス(tatsuma tamano)

日本人離れした強靭なバネを活かした、ダイナミックな滑りに定評があるB系テクニカルスケーター。愛称は“タツマックス”。
ホームグラウンドである橋本小山公園では、定期的に開催されるスケートスクールの講師を務めるなど精力的に活動している。

SPONCER

MURASAKI SPORTS

DC SHOES JAPAN

JOYNT

NiNjA bearing

NEW ERA

SPITFIRE

VENTURE

Diamond SUPPLY CO.

DECK

02
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

JOYNT 8inch

キックとコンケーブが強く反り返っている事が特徴のAESTHETICSという昔のアメリカのブランドが大好きで、その影響で自分のこだわりにもなった。
シグネチャーボードであるJOYNTでも同じく、キックとコンケーブを強くした。
昔は7.5~7.625inchに乗っていたが、最近は小さく感じて8inchまでに上げたら技の安定感が増した。

DECK TAPE

03
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

JESSUP ULTRAGRIP

粗さにこだわりを持っている。
JESSUPのノーマルは弱く抜けやすいが、ULTRAGRIPになると、おそらくMOB GRIP以上に引っかかる。
靴が速攻なくなるような超粗目が好き。

TRACK

04
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

VENTURE High

スケボーを始めた時からずっとVENTURE。
車高は高く、絶対に軽くないものを使っている(超ノーマル、一番安いやつ)。
重みがある方が個人的に抜けにくくてやりやすい。

WHEELS

05
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

SPITFIRE F4-52mm

昔はGOLD WHEELSというそっち系のブランドを使っていた時もあったが、当時出たSPITFIREのF1ウィールを使い始め、その改良版であるF4の52mmを使っている。めちゃくちゃ速くて、パンクしない。
バンクトゥバンクやストリートでもスピードのノリが違うので今はこれしか使っていない。

BEARING

06
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

NiNjA TATSUMAX-ABEC7

自身のモデルを使用中。
ニンジャベアリングは壊れないし回るのでずっと使っている。

SIDE NUT

07
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

ACT sb store

サイドナットがボロボロだと滑るし、手にもって凹んでいると気になる。
見栄えの問題がやる気に繋がるので、ナットは綺麗にしておくように心がけている。

SHOES

08
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6

DC Shoes

バルカナイズドソールではなく、カップソールでないとダメ。ジャストサイズの1サイズ上の27cmを履いている。

PICKY POINTS

09
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6
だぼっとした格好、カップソールの靴で“スマートではない”ファッションにこだわりを持っている。 スケートボードは見てくれが大事だと思うので、ルーズな雰囲気を意識している。

MESSAGE

10
【玉野 辰磨/TATSUMAX】 PEEP SET UP #6
泥臭くスケボーするのが一番。
自分は普段は週6でペンキと防水の職人をやっていて、朝6時起き・17時過ぎに帰宅してスケボーしに行くので凄く疲れるけれどそれでもスケボーが上手くなりたいので練習する。
大会では技を披露する手前ですごく努力した人が多分上にいくし、その大会で恥をかくのか、大会に出る前に練習で恥をかくのかと考えた時、後者でいっぱい練習した方がいいんじゃないかなぁと思う。
結局、泥臭くスケボーするのが一番うまくなる秘訣なんじゃないかと信じています。

SNAPSHOT

12
SNAPSHOT
SNAPSHOT
SNAPSHOT
SNAPSHOT

SNS FOLLOW US SNSアカウントをチェック!

最新情報を発信中!SNS限定ムービーも続々公開。

  • youtube
  • twitter
  • tiktok

TikTok

アーバンスポーツをテーマに、
オリジナルムービーや限定コンテンツを発信するWebメディア
『HI-FIVE MAGAZINE』の公式TikTok。

ムラサキスポーツ FINEPLAY ムラサキスポーツ FINEPLAY ムラサキスポーツ FINEPLAY ムラサキスポーツ FINEPLAY ムラサキスポーツ

Google analyticsについて

閉じる

本サイトでは、サービスの向上や利便性の改善のために、Google Analyticsによりお客様のアクセス情報を収集、分析しています。なお、Google Analyticsによる収集、分析においては、当社が発行したCookieをもとにしてGoogle LLCがアクセス情報を収集しますが、同社が特定の個人を識別できるアクセス情報を収集することはありません。Google Analyticsの利用により収集されたアクセス情報は、Google Analyticsの利用規約 及びGoogleのプライバシーポリシーに基づいて管理されています。