WOWOW

WORDS専門用語集

アーバンスポーツを語る上で欠かせない、様々な専門用語を解説。

アーバンスポーツ( Urban Sports )

スケートボード、BMX、パルクール、インラインスケート、ブレイクダンス等の都市型スポーツの総称。
速さや高さを極限まで追求し、過激で華麗な離れ業を競い合うスポーツであり、
音楽とファッションの要素が加味されて若者の文化として進化した「エクストリームスポーツ」の中で、特に都市での開催が可能なものを指す。

WOWOW

  • インドミル( Windmill )

    両足を開脚し、背中や肩で回転するブレイキンの代表的な技。ダンス姿が風車のように見えることから、ウインドミル(英語で風車を意味する)の名が付けられた。

  • 抜きゴーダウン( Jump Thread )

    片方の足と手で作った輪に、もう片方の足をジャンプさせて通し、床へ着地する技の名称。

  • ン・スウィフト( Ken Swift )

    ニューヨークで結成された世界初のヒップホップチーム「ロック・ステディ・クルー」の一員として、80年代のブレイキン創成期から活動を続けてきたダンサー。

  • レオグラフィー( Choreography )

    ダンスの振り付けのこと。また、ダンスの振り付けを創作することに対しても用いられる。振付師はコレオグラファー(Choreographer)。

  • イファー( Cypher )

    ブレイカーたちが集まって形成するサークルのこと。1人ずつ円の中央に出て行き、ダンスを披露する。

  • グネチャームーブ( Signature Move )

    各ダンサーによるオリジナルの技のこと。

  • ックスステップ( 6-step )

    ブレイキンの基礎となる動きのひとつ。地面に手をつき、四つん這いの状態から、体の周りに円を描くように足を動かし回転する。6回地面を踏んで1周することから、この名前が付けられた。日本では6歩と呼ばれることが多い。

  • レッド( Thread )

    腕や足を使って輪を作り、その輪の中に、もう片方の腕や足などを通す動きのことを指す。

  • ールー・ネイション( Zulu Nation )

    ニューヨークで活動していたギャング組織「ブラック・スペード」の指揮官であり、ヒップホップの開祖とされる、アフリカ・バンバータが1973年に設立した非暴力組織。正式名称はユニバーサル・ズールー・ネイション。

  • ェアフリーズ( Chair Freeze )

    両手を地面につき、側頭部と手だけで体を支えて固定する技の名称。名前の由来は、椅子に足を組んで座っている姿に見えることから。フリーズの代表的な技である。単にチェアとも言う。

  • イスト( Twist )

    ブレイキンの基本的なステップの1つで、腰をひねりながら両足を交互に出していく動きを指す。「インディアンステップ」「インディアンロック」などの名称でも呼ばれる。

  • ップロック( Toprock )

    フロアムーブ(床を使った技)への導入に使用される、立った状態でのダンスのこと。

  • ノクチ
    クチ( JR武蔵溝ノ口駅 )

    駅周辺にダンサーが集い、ブレイキンの練習を行っている。世界で活躍するダンサーも輩出しており、日本におけるブレイキンの聖地と呼ばれている。

  • ックスピン( Back Spin )

    背中を床につけた状態で回転する技。古くからある技の1つであり、パワームーブ(アクロバティックな技)の基礎である。

  • トル( Battle )

    ダンサーたちが互いのダンスを見せ合い、競うこと。1対1から2対2などの少人数でダンスを見せ合うスタイルや、チームバトルなど大人数で合わせ技を見せ合うスタイルなど、さまざまな形式のバトルがある。

  • ワームーブ( Power Move )

    遠心力などを利用したアクロバティックな技の総称。代表的な技に、ウインドミルやヘッドスピンなどがある。

  • ップホップ( Hip-Hop )

    1970年代のニューヨーク・ブロンクス地区で黒人やヒスパニックが生み出したカルチャーの総称。「MC(エムシー)」「DJ(ディージェイ)」、「Breakin(ブレイキン)」「Graffiti(グラフィティ)」の4つの要素で構成されている。

  • ップホップダンス( Hip-Hop Dance )

    ヒップホップの曲に合わせて踊るストリートダンスの1ジャンル。

  • フットワーク
    ットワーク( Footwork )

    床に手を着いた状態のまま、ステップを踏んで下半身を回転させる技。ブレイキンの代表的な動きの1つである。フットワークを中心に踊るブレイクダンサーをスタイラーと呼ぶ。

  • フリーズ
    リーズ( Freeze )

    体の動きを数秒間止めること。最後の締めくくりや、ダンス中のアクセントとして使われることが多い。基本的なフリーズとしては、チェアフリーズ、ベイビーフリーズ、エルボーフリーズなどが挙げられる。

  • レッシュ( Fresh )

    洗練された動きや、新しく見る技などに対する褒め言葉として用いられるスラング。

  • フロアムーブ
    ロアムーブ( Floor Work )

    床(フロア)を使用した技の総称。頭や背中を床につけて回転するといった、ダイナミックな大技を繰り広げる「パワームーブ」と、床に手を付けてステップを踏む「フットワーク」の2種類がある。

  • ロウ( Flow )

    ラップの歌い方や節回しのこと。ダンスの流れるような動きを指して使われる場合もある。

  • ラック・スペード( Black Spades )

    ニューヨークで活動していたギャング組織の名称。1968年にニューヨーク・ブロンクス地区で結成され、最盛期は10万人以上の構成員が在籍していた。

  • ブレイカー
    レイカー( Breaker )

    ブレイカーはB-BoyとB-Girlをまとめた表現で、ジェンダーを問わずブレイキンを踊る人を意味する。

  • レイキン( Breakin / Breakin' )

    ストリートダンスの一種で、身体中を使ったアクロバティックな動きが特徴。1970年代のニューヨーク・ブロンクス地区で誕生した。1対1で交互にダンスを披露する「1on1」、チームとして1つのショーを制作して披露する「クルーバトル」などの形式がある。2024年のパリオリンピックで公式種目として初採用された。ブレイクダンスとも呼ばれる。

  • レイクダンス( Breakdancing )

    ブレイキンのこと。ブレイキンがメディアに取り上げられる際、ヒップホップカルチャーを知らない人たちにも伝わりやすいように、この名称が多用された。

  • ッドスピン( Headspin )

    三点倒立の状態から、頭だけで体を支えて回転する技の名称。

  • 投稿はありません

  • 投稿はありません

  • 投稿はありません

  • 投稿はありません

AtoZ

  • Aトラックス( A-Tracks )

    背中を地面につけずに、頭を軸に回転するウィンドミルの応用技。通称Aトラと呼ばれる。

  • B-boy
    B-boy( ビーボーイ )

    ブレイキンを踊る男性のこと。ブレイキンを踊る女性はB-girlと呼ぶ。

  • B-girl
    B-girl( ビーガール )

    ブレイキンを踊る女性のこと。ブレイキンを踊る男性はB-boyと呼ぶ。

  • Red Bull BC One World Final( Red Bull BC One World Final )

    レッドブルがスポンサーとなり、2004年より開催されているブレイキンの世界大会。出場者は1on1(1対1で交互にダンスを披露する)でブレイキンの技を競い合う。毎年、開催国を変えながら行われ、世界中のブレイカーが参加する。

HI-FIVE
HI-FIVE
HI-FIVE
HI-FIVE
HI-FIVE
HI-FIVE
HI-FIVE
HI-FIVE

FOLLOW USSNSアカウントをチェック!

最新情報を発信中!SNS限定ムービーも続々公開。